メディアなどで投資に関する話題を目にする機会が増えました。投資にはリスクがつきものだと言われていますが、せっかく投資するなら失敗しにくい投資方法を選択しましょう。

  • ホーム
  • ピクテが販売する投資信託は銀行でも販売されています

ピクテが販売する投資信託は銀行でも販売されています

経済に精通していない人が資産運用で利益を出すには、投資信託の購入がおすすめです。
国内や海外の株式を買うことは失敗することが多く、十分な研究をして儲ける方法を確立しないまま行うと、なかなか利益をあげることはできません。
投資信託では、ファンドマネージャーがプロの知識と技術で投資を行います。
また、運用する金額が大きいのでスケールメリットを享受することもできます。
販売されているものには分配金が毎月入るものもあり、売り買いを行わずに長期間保有しているだけでも毎月の収入になります。
また、個人で行うことが難しい海外の企業などにも間接的に投資を行うことができます。

21世紀に入ってからは法律の改正により、投資信託を買うことができる場所は証券会社だけではなくなりました。
銀行でも積極的に販売しており、それだけ信用のある金融商品になっています。
ファンドの大きさをはかる指標として時価総額がありますが、上位のものでは東証一部上場銘柄の中でも上位に入るものが多くあります。
ピクテ・グローバルインカムも巨大な時価総額を持つファンドです。
時価総額が大きいということは、それだけ多くの人に支持されていると考えることができ、より安定性のある投資信託と言えるでしょう。

老後のお金の心配や、日々の生活資金を増やしたいという思いから、投資で収入を増やしたいと思う方は多くいます。
しかし全くリスクを取らずにお金を増やそうと思うと、銀行預金の利息などしかありませんが、昨今の低金利の中では利息は殆どつきません。
元本が保証されないリスクはありますが、積極的に運用を行い、資産を形成する必要があります。
その一つの方法として、投資信託という選択肢があります。

関連記事