メディアなどで投資に関する話題を目にする機会が増えました。投資にはリスクがつきものだと言われていますが、せっかく投資するなら失敗しにくい投資方法を選択しましょう。

  • ホーム
  • 公益法人と同様にNISAでNSWへの投資が有望

公益法人と同様にNISAでNSWへの投資が有望

パソコンを見ている男女

特に初めて株式投資を行なうような人に安心なのが少額投資非課税制度NISAです。
株で利益を上げるとそのまま自分の所得にできそうですが、実は現在復興特別所得税を除き20%課税されます。
これにその都度手数料などが掛かるとしますとかなりの額と考えられますので、得た配当金などを非課税にできるNISAはしっかり利用すべきです。
非課税と言いますと公益法人も非課税が適用になる組織です。
公益目的の事業であれば法人税などが非課税ですし、寄付金に対して消費税が掛からないなどの優遇もあります。
しかし逆に言いますと公益法人であっても何でも非課税になるのではなく審査があり厳しく制限されます。

それと同じようにNISAも少額の投資をする人だけという特例にすぎませんので、1人1口座だけという制限がありまして、口座を作る時には本当に他にNISA口座が重複していないかチェックがあります。
課税の問題ですので確認をするのは税務署です。
証券会社に口座の開設を申し込みますと、証券会社では税務署に開設申請を行ないます。
その確認に使うため申込書と一緒に住民票の写し等を提出します。
なお現在は個人番号カードなどマイナンバーを確認する書類も出すようになっています。

ジュニアNISAの場合はこの中の住民票の写し等を用いずマイナンバーのみで確認するようになっていましてこの点がNISAと異なっています。

マイナンバーと言いますとこれに関する事業を行なっています企業は今大変盛況ですが、NSWもその一つと言えます。
NSWはマイナンバーに関する内部の不正防止用のソフトウェアを手掛けているからです。
新しくできた制度のマイナンバーはそれをストックする各企業や事業所でもこれからどういうリスクがあるのか想像しかねる面がありますので、NSWの事業は今後右上がりになると期待できます。

関連記事