メディアなどで投資に関する話題を目にする機会が増えました。投資にはリスクがつきものだと言われていますが、せっかく投資するなら失敗しにくい投資方法を選択しましょう。

失敗する人の投資の仕方

お金を持つ人

投資には失敗がつきものですが、失敗する人のやり方には傾向があります。
まず第一に、事前に研究をしないで投資を始めるパターンです、多くの人は知人などからこの株を買えば儲かるという話を聞き、喜び勇んで株を買い、想定外の急落で損切をします。
それで株をやっても儲からないと単純に決めつけ、損失を取り戻すチャンスを知ろうともしないまま投資の世界を去ります。
長期の値動きを研究すると、急落しても数年のうちに株価が戻ることはよくありますし、急落した時こそ追加投資を行うチャンスなのです。
一度のタイミングで資金を全部つぎ込んでしまうと、その後はどうすることもできません。
研究をしていればそれを理解するのは難しいことではありません。

次に、自分で決めたルールを徹底できない人は損をします。
研究をして儲けるメソッドを作ったものの、目先の欲望や不安から決めたやり方を守りきることができず、損切をしてすぐに株価が戻るパターンです。
チャートの動きを研究しても、実際に投資を始めると、早く儲けを出したい、損が広がるのが嫌だという感情が出てきます。
野心がある人の方がその感情が強く、投資にはあまり欲がない人の方が向いていると言われるのはそのためです。
思うように株価が上がらないことは多いです。
しかしそんな時こそ、下がったら購入、上がったら売却という基本的な戦略を忘れないようにしましょう。

長期での利益を向上させるには、儲けたお金で再投資を行うことが必要です。
株の初心者が見るべきサイトとして株入門ガイドなどがあるので、参考にして大きな失敗をしない投資法から覚えていくことが必要です。

関連記事