メディアなどで投資に関する話題を目にする機会が増えました。投資にはリスクがつきものだと言われていますが、せっかく投資するなら失敗しにくい投資方法を選択しましょう。

  • ホーム
  • 投資で失敗しないためには損失を抑えよう

投資で失敗しないためには損失を抑えよう

グラフ

株式や不動産など、あらゆる投資で失敗しないために大切なことは共通しています。
それは、損失を抑えるということです。
注目株を多く購入し利益を出すことは大切ですが、それ以上に損失を抑えることが重要なのです。
なぜなら、投資を行うためには資金が必要だからです。
株式であれば株式市場に上場されている銘柄を購入するための資金を取引口座に入金しておかなければならず、不動産であれば物件を購入し場合によっては賃貸に出すための修繕費も考慮しなければなりません。
投資を実践するためには、どんな状況であっても資金があることが必須条件なのです。

そこで重要なのが損失を抑える投資戦略です。
株式の場合は投資銘柄を厳選した上で損切りを徹底することを心がけましょう。
損切りは少額の損失が出るものの大きな損失を防ぐ方法として非常に有効で、結果として損失を抑えることに繋がります。
株式においては、少額の損失が積み重なっても一度の売買で全ての損失を帳消しにする利益を出せることも珍しくないため、そのチャンスを待つためにも大きな損失を出して投資資金が底をつくことを避けなければならないのです。

不動産の場合は、インカムゲインである家賃収入を得ることが損失を抑える良い方法です。
家賃収入は毎月決まった金額が確実に振り込まれるため、安定した収入になります。
インカムゲインを確保しつつ、他の取引案件でキャピタルゲインとなる売買差益を狙うことが最良の投資戦略だと言えます。
仮に売却価格が低く売買差損が出てしまったとしても、インカムゲインでその損失を補填できるためです。

あらゆる投資において、損失を抑えることが失敗しないために重要なことであり、守るべきことでもあるのです。

関連記事